アイマグブログ―さきやま接骨院 崎山 浩平

imag049.exblog.jp ブログトップ

正しいクツの選び方

以前に書いていたブログにも載せておりましたが最近またクツの選び方や

サイズについて質問を戴きましたので再びお書きしたいと思います。


まずは「フットゲージ」にて足の実寸を計測します。

f0222384_23532315.jpg

アメリカのブランノック社製のフットゲージです。

縦幅と横幅とアーチレングスといい土踏まずの長さも計れます。アーチレングスで偏平足も判断

出来ます。

f0222384_23572591.jpg


f0222384_025661.jpg


写真は私の足です。縦幅が8(26センチ)ウイズがE、アーチレングスが7、5です。

勿論、左右も計ります。左右差が1センチ以上ある方もいます。

 
足は縦幅でみなさん選ばれると思いますが実際は「ウイズ」といい横幅が大事です。

特に日本人は横幅の広い人が多いので横幅がキツイ為

縦幅を大きいクツを履いている人が多いようです。

サイズが大きいとクツの中で足が動くので外反母趾やハンマートゥーの原因の一つと

なっております。特に子供は骨が柔らかいので骨が曲がり易い為、サイズの違うクツを

履いていると変形の原因となります。

f0222384_072510.jpg


次に良いクツの選び方です。当院ではニューバランスのクツを取り扱っております。

ニューバランスの良いところは、機能性もですが先程の話しですが横幅を5段階(B~G)まで

選べるというところです。ちなみに私は26センチのEEのシューズがベストです。

クツ選びのポイントは三つです。

f0222384_01457.jpg


まずは「間口の狭いクツ」足を入れる所が広いクツは歩くと足首が動いてしまいます。(カカトが

浮いてしまいます)そうなると折角、衝撃吸収の良いクツでも足との接地が無い為クツのクッション

機能を最大限に活かせません、しっかりと足首の前面で固定が出来て足が動かないクツが良いです。

f0222384_0192248.jpg


次にカカト部分が潰れないクツです。写真のように横から指でおもいきり押しても潰れないクツが

良いです。潰れるクツは歩いているとカカト部分でグラついてしまい、アキレス腱やカカトの痛みの

原因の一つとなります。

f0222384_023428.jpg


最後にトゥー(前の部分)3分の1で曲がるクツです。全く曲がらないクツやどこでも曲がるクツ

は関節(リスフラン関節)に負担が、かかりやすく骨膜炎や足底腱膜炎の原因ともなります。

適度の曲がるクツを選びましょう。


以上が正しいクツの選び方です。勿論履き心地も大事ですが、このようなクツの機能性も

チェックしてみて下さい。きっと歩きの快適なクツが見つかるハズです。

これからのクツ選びの参考になればと思います。


もっと詳しく話を聞きたい方は是非、当院まで
[PR]
by imag0490 | 2010-04-22 00:32
line

さきやま接骨           院長 崎山 浩平

地元高校を卒業後、金沢・兵庫・アメリカでの修行を経て2005年に開業

趣味は、「行動すること」仕事でもプライベートでも旅行や勉強会など県内外を問わず直感で行動します。


by imag0490
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31