アイマグブログ―さきやま接骨院 崎山 浩平

imag049.exblog.jp ブログトップ

フットアクションセミナーLV4

昨日は早いもので、もう4回目となります。

「フットアクションセミナーLV4」に参加してきました。今回も神戸は元町です。

前日の懇親会でも治療の話しに熱くなり、明け方まで語りましたが頭痛を抱えながら

早朝より参加して参りました。

最初に今回もPOD(足病医)の佐藤先生に講演していただきました。

足への知識の深さに毎回驚かされます。今回はバイオメカニクスに近いお話しも

していただき、久しぶりに「ピタゴラス」などの言葉を聴き数学を思い出しました。

足の角度を計算する事で力のかかり具合もわかります。(筋力値は別ですが)

写真を見ただけでも脚の長さの違いを計算出来る公式があるとは

かなり勉強になります
f0222384_23265382.jpg


実際に「ゲートビュー」を使い、身体の動作や筋力やケガのリスクも考察します。

f0222384_2327122.jpg


インソール奥が深いです。現代人は足の指が特に使えていません

なぜなら裸足で生活をしないからです。裸足でもキレイな舗装された道ばかり

なので足の指を使う必要がなくなってしまいます。指の力を借りなくても歩く事が

出来るからです。デコボコな道や砂浜ばかりだと指無しではあるけないでしょうね。

ですから私の考えでは外反母趾というものは人間の進化(退化?)だと思います。

足の親指が無くても生活が出来るから横を向いてしまったのでしょう。

人類がその昔シッポがあったように、その名残として尾骨があるとも言われていますものね。

このままでは近未来では人間は足の指が4本指になってしまうかも?

話しが逸れましたが、そうならないように改善するため

佐藤先生も推奨しておりましたが「ベアフットトレーニング」といい

砂浜で裸足でトレーニングする事を推奨しております。

f0222384_23272959.jpg

トリシャムのとり方です立った状態と座った状態で圧力が違いますから

座った状態でのとり方です。

また一つ勉強になりました

続いて愛泉道院の因泥先生による臨床で行っております下肢へのアプローチです。
f0222384_23275924.jpg


LLD(脚の長さの違い)も骨の長さの違いも勿論ありますが骨盤の前後への

偏りも影響しております。インソールと調整(矯正)を組み合わせる事で効果も

倍増しますね。

f0222384_2328846.jpg


AS(骨盤が前に倒れてる)場合のアプローチです。

私よりも若い先生達が一層熱心に聞いておりました。


集中して講義を聴いていると一日があっという間で、いつのまにやら

二日酔いもフッとんでおりました。

セミナーに出るとテンションが上がってきます。同じ考えの先生達に触発されますね。

また一段と気合を入れて頑張りたいと思います。





フットアクションセミナーLV5は1月を予定しております。

次回は米国公認のアスレチックトレーナーにも講師を依頼しており現在交渉中です。

乞うご期待

またブログを見て足やインソールの事に興味があり参加してみたい方は当院まで

連絡をお待ちしております。
[PR]
by imag0490 | 2010-11-09 00:06
line

さきやま接骨           院長 崎山 浩平

地元高校を卒業後、金沢・兵庫・アメリカでの修行を経て2005年に開業

趣味は、「行動すること」仕事でもプライベートでも旅行や勉強会など県内外を問わず直感で行動します。


by imag0490
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31